シルクの垢すりは産毛の処理に効果的

| トラックバック(0)
お風呂で垢すりを使用する場合、シルクの素材でできたタイプがおすすめです。
垢すりと言えばナイロンでできたものが主流となりますが、ナイロンはお肌にとって刺激が強いので、できれば天然素材のシルクでできた垢すりがベターです。
またシルクの垢すりは産毛の処理にとても効果的で、シルク独特の三角形の形をした繊維が産毛を巻き込み絡みあうことで、お肌をこすった際にに一緒に産毛も抜けていくのです。
けれども、太くてしっかりしたムダ毛には不向きですが、背中やデコルテ、お腹などの柔らかく細い産毛の処理に適しています。
さらには、お肌に近いアミノ酸で構成されてますので、使用することで肌につやを与え、保湿をする効果も抜群ですので、ぜひ使用してみてくださいね。
産毛が処理できるからといって全部抜けるまで強くこすってしまうと、いくらお肌にいい素材とはいえお肌を痛めしまうので、産毛が気休め程度にとれるといいなくらいの気持ちで使用してください。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年3月29日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イオン導入と超音波の違いとは」です。

次のブログ記事は「肌健康のベースとなる美白力を上げましょう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30